2015. 09. 27  
家の中でお金がかかる部分というのは
キッチンや浴室などの水まわりの設備だそうです。
できるだけ安くあげたいのと
怪しげな建築材料の排除とで
・・タイル目地の安全なのがない
  接着剤などの問題
  できるだけコーキング剤を使わない、など
制約だらけの中、苦闘しました。
場合によっては10数年でリフォームもあり得るから
憧れのデザインはその時までお預けにして
(劇的に快復して使える素材がひろがってるかも?)
安全重視+最低限の設備で、となりました。


キッチンは業務用の新品の安いのを探しました。

キッチン2


業務用の流しなどは合板が使われていないのです。
排水はさすがに塩ビですが
(後から教えてもらったのですが
 排水は硬質塩ビなので可塑剤は少ないとのこと)
蛇腹ホースの柔らかいところだけアルミシートなどで覆ってしまう予定です。

ステンレス製に変えることもできるそうです。

キッチン

お風呂はスペースの都合で作れなかったので基本シャワーのみ
水ハネよけの防水パンを少し深くして設計してくださったので
腰湯くらいならできるものに仕上がりました。
のちのち別棟にお風呂を作る予定にしているので
数年の我慢・・・の予定です。

シャワー

浴槽は断熱にウレタンを使いたくなかったため
アルミ断熱シートのみです。
保温はあまり期待できないかもしれません。

洗面ボウルは一番悩みました。
屋外用のスロップシンクの陶器製の安いのにしました。
屋内に洗濯機を置くスペースが作れず
ちょっとしたものなら手洗いすることになりそうなので
機能優先です。

1万円ちょっとでした。
水栓金具は従兄がキッチンで使ってたお古です。
屋外に放置されてあったのですが
風雨にさらされてもサビ一つありませんでした。
パッキンのみ交換してもらいました。

洗面

洗濯機が屋外というのは
化学物質過敏症の人にとって利点が3つあると思います。

一つは、外出したりした際の
臭いのついた衣類を洗う際に立ち上る臭が部屋に充満しない。

二つ目は洗濯機本体の臭が気にならない

三つ目は電磁波の影響が少なくて済む

欠点は
冬に寒いことと
洗濯機外部が汚れやすい
虫が入りやすい・・・かな?

不便なようだけど
昔は洗濯機は外に置いてる家庭がほとんどだったのだから
きっと、大丈夫



:::::::

ステンレスがダメな人もいらっしゃるみたいですので
その方は別なものを探さなくてはなりません。
また電磁波過敏症の重い方は
室内に金属が増えると辛いかもしれません。
その場合には浴槽はポリ浴槽の方が良かったりします。
木材が苦手でタイルの目地剤にそれほど反応しない
あるいはモルタル目地でいけるなら
タイルを使った方が楽な方もいらっしゃるかもしれません。

よくよくサンプルで確かめてください。


スポンサーサイト
プロフィール

mix hanabi

Author:mix hanabi
愛媛県の化学物質過敏症(CS)と電磁波過敏症(ES)の患者会のブログです.

患者会へのお問い合わせは、サイドバーにあるメールフォームよりお願いします。

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2拍手記事別ランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR