2010. 11. 21  
不測の事態と言いますか、展開となりました。
小屋は今年中の着工は諦めざるをえなくなりました。

ダンナさんの検査の結果が明らかとなりまして、厄介な病気とわかりました。
潰瘍性大腸炎
名前だけきくと胃潰瘍みたいな感じなので、大腸がんを心配していた私は、一瞬安堵したのでしたが、国の難病指定となっている疾患らしく、原因不明で完治が難しく、緩解と再発を繰り返すらしいのです。
というと大変辛い症状がありそうですが、まだ疾患の範囲も小さく初期程度らしいので、便に血が混じり下痢しがちなくらいで、本人曰く、痛みなど自覚症状はないそうです。
私から見ると、最近疲れやすそうで、元々あったアレルギーが少々出やすくなって、少し痩せたなあという感じがするくらいかしら。

生体検査の結果が出て投薬が決まるのが12月初めで、その結果を聞いてから、今後の計画を建て直す予定です。
入院や手術は必要なく月に2度程度の通院で済むそうなので、まあよかったかな。
治療費は全額国が負担してくれるそうですので、金銭的には負担が少なくて済みますから、それもよかった。

原因は不明ということですが、こんなに気をつけて安全な食生活をおくっているのだから、食生活が原因ということはあり得ない気がします。
ストレスかしら・・・ここ一年、会社の任意整理に心労が絶えなかった中、お兄さんとお母さんが亡くなったりしましたし・・・

しかし夫婦揃って難病って・・・そんな荒れた生活じゃあなかったはずなんだけどなあ
スポンサーサイト
プロフィール

mix hanabi

Author:mix hanabi
愛媛県の化学物質過敏症(CS)と電磁波過敏症(ES)の患者会のブログです.

患者会へのお問い合わせは、サイドバーにあるメールフォームよりお願いします。

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2拍手記事別ランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR