--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 06. 28  

ゆうき生協の組合員さんからご紹介いただいた設計事務所AAstudioさんは、日本の伝統工法を伝承していく活動をされています。
そのAAstudioさんからご紹介いただいた方に無農薬栽培の稲藁を分けてもらいに、雨の中、山へむかって軽トラを走らせました。

藁をもらいに1

「取りに来られるのはいつでも良いですよ」と言っていただいており、そのお言葉に甘えて、こちらの建設予定地そばの倉庫が片付いた頃にお伺いしますとお約束していたのですが、藁を保管している山羊小屋に、新入りの山羊ちゃんが来ることになり、急遽とりにきて欲しいと連絡がありました。


藁をもらいに2


我が家より1時間半ほどの山奥深くへ。
ダンナさんは一度行って帰って藁をおろして、二往復目。
二度目は私も同乗して向かいました。
途中に田畑はあるのですが、どしゃ降りの日は農薬散布をすることが滅多にないので楽だろうし、なにより先方に着きさえすれば、ここより安全な環境だと彼がいうので、行ってまいりました。

化学物質過敏症患者としては羨ましいほど周囲に何もない山の中。
ご夫妻は、人里離れたような山の中で、ほぼ自給自足の生活をしておられるというのですが、風変わりなかたなのかしらと思ったら、ぜんぜん!
私達よりもお若くて、とてもフレンドリーで穏やかな方でした。
素敵なお仕事をされているのでご紹介したいのですけれども、今回はご迷惑になってもいけないので、のちのち良い機会が巡ってきましたらそのときに。
無農薬の藁は滅多に手に入らないものなので、ご好意に対して迷惑がかかってもいけない、なんて考えてしまいます(気にし過ぎかな?)


藁をもらいに3


さて、この藁は土壁づくりに使います。
細かく切って土の中に混ぜこんで、熟成させるのだそうです。
藁は昔懐かしい臭いがしました。
山羊小屋の中には無農薬ではない藁も置いてあり、その藁は手に取ると、胸がムッとなるような感じがして、ひょっとしたら私って、ブラインドテストでちゃんと藁を仕分けられるかもしれないとおもったりしました。
実際にやってみたとして、すぐ体が鈍魔して、正確に仕分けられるのははじめの方だけで、精度は低くいのでしょうけどね。


いろいろなかたに教えてもらいながら、しかし準備は私達夫婦ののんびりした計画を無視するかのように、どんどんと出会う人出会う人によって、前へ前へと進められていくのでした。
私達は言われた通りに、勢いに乗っかるように体を動かします。
機が熟すということは、こういうことなんでしょうか?



藁はまだまだ足りません。
無農薬の稲の栽培をされてる方が少ない上に、藁を土に戻して肥料にされることが多いからなのだそうです。


スポンサーサイト
プロフィール

mix hanabi

Author:mix hanabi
愛媛県の化学物質過敏症(CS)と電磁波過敏症(ES)の患者会のブログです.

患者会へのお問い合わせは、サイドバーにあるメールフォームよりお願いします。

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2拍手記事別ランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。