2018. 06. 05  

 

 

朝日新聞に香害の広告が出ているって教えてもらって

コンビニまで車を走らせて買ってきました。

意見広告の形をとったシャボン玉石鹸の広告です。


多くの人に最近流行の強い香料によって

健康被害が起きていることを知ってほしいです。

それらが、香りの好みの問題ではないことを知ってほしいです。


香料の強い柔軟剤を生産している合成洗剤メーカーからの

つよい反発にあうかもしれないなか

シャボン玉石鹸さんには、感謝と敬意の気持ちをお伝えしなくては。


https://www.shabon.com



 



スポンサーサイト
2017. 12. 30  
体臭と香害を同一視して『好みの問題でしょ』と捉える人もいるかもしれませんが、そうではありません。柔軟仕上げ剤や制汗剤、除菌スプレーなどに含まれる人工的に作られた化学物質に対して、身体的な症状が出ることが香害だと考えています

2017.12.30 弁護士ドットコムより転載です。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171230-00007181-bengocom-life


柔軟剤などの「香害」で体調不良、学校現場の制汗剤でも発生…消費者団体が強い危機感

柔軟仕上げ剤や制汗剤、除菌スプレーなどの強い香料によって体調が悪化する「香害」。NPO法人「日本消費者連盟」(日消連)が2017年の夏、2日間にわたって「香害110番」を実施したところ、全国から213件もの相談が寄せられたという。香害に悩む人たちの声、香害への取り組みについて「日消連」編集委員の杉浦陽子さんに話を聞いた。(ライター・高橋ユキ)。


●くしゃみ、涙、全身の倦怠感

――わずか2日間の窓口開設にもかかわらず「香害110番」には多くの相談が寄せられました。相談者はどのような苦しみを訴えていましたか

「症状は多岐にわたります。香りを嗅いでくしゃみや涙が出るだけではなく、頭痛や全身の倦怠感など様々な症状が出ているようでした。長期にわたって体調不良が続き、家事や育児がしにくくなったり、会社にいても仕事ができなくなったりするなど日常生活に深刻な影響が出ている人もいました。

悩みは身体的な症状だけではありません。周囲の人から、『我慢ができない人だ』『集団の中で自分のことばかりを言っている』『ただの神経質な人』などの偏見に苦しみ、孤立していることもわかりました」

――匂いにまつわる問題というと、つい体臭を連想してしまいます。香害と強い体臭を嗅ぐことによる不快感は、また違うのでしょうか

「体臭で不快になる人はいても、体調不良を起こしたり病気になる人はいません。体臭と香害を同一視して『好みの問題でしょ』と捉える人もいるかもしれませんが、そうではありません。柔軟仕上げ剤や制汗剤、除菌スプレーなどに含まれる人工的に作られた化学物質に対して、身体的な症状が出ることが香害だと考えています」

●電話相談終了後も相談が殺到

――「香害110番」開設前後から、香害についての報道が相次ぎました。ここまでの反響は想定されていたのでしょうか

「相談は2日間限定で受け付けていたのですが、終了後も多数の相談が届き、累計で400件はあるかと思います。ここまでの反響があったのは、これまで香害に関する相談先がなかったからでしょう。香害に悩む人はマイノリティではないと感じましたし、40社以上のマスコミから取材を受けるなどの反響の大きさからも、社会問題であることを実感しました」

――相談の声を受け、日消連では、どのようなことに取り組んでこられたのでしょうか

「8月末、消費者庁に皆様からいただいた声を伝えたのですが、結果から言うと、前向きな回答はありませんでした。『原因物質の特定は消費者庁の仕事ではない』と言われました。また、我々民間ではなく、行政で専門の知見を持った人たちで『香害110番』をやってほしいという要望も伝えましたが、結局やるとは言ってもらえませんでした。

『どのくらい集まれば、私たちの声を受けて行政が動いてくれるのですか』と尋ねましたが、数は言ってくれません。『たくさん』ということでした。他にもいろいろな問題で訴えてくる人はいるとはぐらかされ、まともに取り合ってくれません」

――今後は、どのような取り組みを考えていますか

「春くらいまでには、厚労省と文科省、業界団体にも香害で苦しむ人の声を届け、話し合いの場を持ってもらおうと思っています。香害相談の筆頭にあがる柔軟仕上げ剤についての声を、洗剤メーカー大手3社にも届けたいと考えています。

実は、寄せられた声を聞いていくと、学校や幼稚園などでも香害が発生しているそうです。学校では、男子も女子も制汗剤を使うのは当たり前という風潮らしいのですが、最近の制汗剤は香り付きのものがほとんどです。『教室中に匂いが広がっているため、倒れそうになる』という声が、生徒だけでなく、学校職員からも寄せられています。

当初はここまでの大きな反響があるとは思いませんでした。しかし、切実に悩んできた人からは『こういうことをやってくれる団体があった』と喜んでくださる方もいたのです。自分の悩みを解決することから出発し、社会問題として私たちの活動に加わる人も増えました。すぐに解決できる問題ではありませんが、今後も継続していかなければならないと考えています」

【取材協力】杉浦陽子さん。日本消費者連盟。月刊誌『消費者リポート』編集長。
2017. 12. 17  
日経新聞オンラインニュースの記事です





 元慶応大助手の女性(43)が、仮設棟での勤務でシックハウス症候群や化学物質過敏症になり退職を余儀なくされたとして、大学側に損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は19日までに、業務に伴い過敏症を発症したと認め、約445万円の支払いを命じた。

 高世三郎裁判長は「勤務場所は、全ての揮発性有機化合物(TVOC)の総量が厚生労働省の定める暫定目標値を大幅に超えていた」と認定。これらの物質が発症の原因になったとし、大学側が安全配慮義務を欠いていたと判断した。

 判決によると、女性は2002年4月、慶応大に採用され、新校舎建設のため仮設棟で勤務。体調不良で欠勤がちとなり、03年に退職した。その後、化学物質過敏症と診断された。〔共同〕

****


2017. 12. 01  
患者会お茶会のお知らせ

12月3日(日曜日)
13:00〜15:00
松山市二番町のオーガニックカフェにて
患者会のお茶会をします。

もしも会員以外の方でこのブログを見て
参加ご希望の方がいらっしゃいましたら
サイドバーにあるメールフォームよりご連絡ください。

詳細をお知らせいたします。
2017. 12. 01  

11月30日付

日刊ゲンダイデジタルにも

化学物質過敏症関連の記事が出てましたので

ここに転載します。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171130-00000018-nkgendai-hlth

 

芳香柔軟剤・消臭剤で体調不良に それは化学物質過敏症だった

 
 
いま、人が最も気にするのはニオイだという。「くさい」と言われるのは大きな恥辱で、若い女性だけでなく思春期の男子でさえ、ニオイには気を使う。そのため芳香柔軟剤や制汗剤、消臭剤などが大人気だが、それが新たな「化学物質過敏症」(CS)を招いているという。北里大学名誉教授でCS治療専門クリニック「そよ風クリニック」(東京・杉並)の宮田幹夫院長に聞いた。

「CS治療を希望する患者さんは2カ月待ち。それほどこの病気に悩む人は多いのです」

 2000年までは建材に含まれるホルムアルデヒドやトルエンなどで引き起こされるシックハウス症候群がマスコミをにぎわせたが、建築基準法改正で沈静化した。その一方で、最近急増しているのが「臭害」対策によるCSだ。NPO法人・日本消費者連盟が7~8月に2日間限定開設した「香害110番」にも200件を超える訴えが寄せられた。

「私の患者さんの中にも柔軟剤や香水などの香料が原因のCSは大勢います。60代のある女性は、隣にコインランドリーができて、乾燥機からの排気に含まれる柔軟剤の化学物質でCSを発症、頭痛や記憶障害などの症状に悩まされています」

■建材、農薬に続く第3のリスク

 CSとは、化学物質を取り込むことで喉や鼻の不調、頭痛やアレルギーの悪化、記憶力の低下などさまざまな症状を起こす病気のこと。個々人の化学物質の許容量を超えると発症する。診断・治療のできる専門医が少ないことから、「気のせい」と片付けられるケースも多い。

 この病気が厄介なのは、原因となる化学物質の種類が膨大で、特定するのが困難なこと。一説には地球上には1億種類以上の化学物質があり、2・6秒に1つずつ増えているといわれている。

「しかも、いったん過敏症を獲得すると、その後さまざまな物質にも強い反応が出るようになる。化学物質以外の自然の物質にまで反応して外出すらできなくなるという人もいるのです」

 CS患者の多くがアレルギーを持っていることから同一視されがちだが、まったく違う。アレルギーは体内に侵入した異物に反応する免疫反応で、血液の抗体検査でわかる。しかし、CSは神経反応であり、脳が過敏に反応することで起こる全身症状だ。

「機能性MRIや近赤外線トポグラフィーなどで調べると、CSの患者さんが化学物質に接すると、脳の血流に変化が生じることが確認されています」

 CSの原因となる化学物質が体内に入る経路は呼吸が80%以上、食べ物や水など口からが十数%。皮膚からも侵入する。

「成人が1日に摂取する食べ物は1キログラム、水は2リットル程度。ところが、空気は15~20リットルもある。そのうえ、化学物質を食べ物と一緒に取れば肝臓である程度の解毒が可能ですが、化学物質を鼻や口から吸うと、肺から直接血液に取り込まれるので毒性が強くなります」

 しかも、芳香柔軟剤や消臭剤などはニオイと直接結びつくだけに脳への刺激が強く、記憶障害などを受けやすい可能性がある。

「もともと、記憶はニオイと強いつながりがある。たとえば、ワインを飲みながらサッカーの試合を見たとします。頭の中では『スタジアムの歓声』『ユニホームの色』などとともに、その場の『ニオイ』が記憶として脳に刷り込まれます。そうした個々の記憶を互いに関連づけることで、ひとつの出来事を覚えるのです」

 逆に言えば、CSの人は記憶したときと同じニオイをかぐと記憶が蘇り、過敏症の症状が出やすい。

「合成洗剤は石鹸に、衣類や寝具はできるだけ天然のものに替えて、体内に取り込まれる化学物質の量を減らします。米、野菜、お茶はできれば無農薬のものを選び、ビタミンやミネラルを多めに取るなどして、食事で化学物質を排出しやすい体質に変えましょう。同時に、化学物質を感じても別の楽しいことを考えるなどして、CSの記憶に結びつかないようにすることも重要です」

 化学物質は他にアスペルガー症候群、学習障害、注意欠陥多動性障害(ADHD)を含む発達障害や、不妊症、尿道下裂などの先天的な男性生殖器の異常とも深い関わりが疑われている。

 人がにおうのは当然のこと。それを消すためにお金をかけ、健康まで損ねるとしたら、バカバカしいことではないか。
 
転載ここまで・・・
 
もっともっと
化学物質過敏症について知っていただき
日用品に使われる化学物質の毒性について
より多くの人に
関心を持っていただけたらと思います。
そして、新たな発症者がなくなるよう
特に小さな子供達!!
願いを込めて。

プロフィール

mix hanabi

Author:mix hanabi
愛媛県の化学物質過敏症(CS)と電磁波過敏症(ES)の患者会のブログです.

患者会へのお問い合わせは、サイドバーにあるメールフォームよりお願いします。

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2拍手記事別ランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR