FC2ブログ
2018. 08. 15  

NETFLIXで「21世紀病の七不思議」

電磁波過敏症、ライム病、カビ過敏症、慢性疲労症候群、化学物質過敏症などの現状を捉えたアメリカのドキュメンタリー番組のシリーズ。


電磁波過敏症は第一話から、化学物質過敏症は第四話から。


予告編の動画の貼り付け方がわからないのでリンクを


21世紀病の七不思議


お試し体験を登録すれば一ヶ月間無料で視聴できます。



::::



西洋医学では説明のつかない症状の数々

どの病も今ある検査方法では異常が見つけられないため

精神的な病とされてしまう現状は日本もアメリカも変わらない。

西洋医療に失望しホメオパシーや代替医療を求めて

彷徨う患者と家族の苦悩が描かれています。

スポンサーサイト
2018. 08. 08  
日本消費者連盟の「香害」担当の方からメールをいただきました。
消費者レポート9月号で「学校に通いたい〜子供の香害の実態」(仮)という特集を企画されているそうです。
ご協力してくださる方がいらっしゃいましたら、日本消費者連盟、担当杉浦様までお問い合わせください。

以下メール全文転載いたします。



香害110番にご連絡いただいたみなさま


先日お願いしました、北海道テレビ放送の原彩菜記者からのお願いの簡単な報告
を差し上げます。

○47都道府県で香害が確認され、15都府県で香料への配慮呼びかけの何らかの
呼びかけが行われているということは確認できました。

具体的な都府県名などは、集計が終わり次第送っていただくことになっています。



★本日はもう一つ、日本消費者連盟からのお願いです★

香害担当をしています私、杉浦は、消費者リポートの編集長をしています。

このたび消費者リポート9月号で特集「学校に通いたい~子どもの香害の実態」(仮)
を企画しています。フリージャナリストの岡田さんや金沢テレビ、北海道テレビ
さんのご尽力で子どもの実態が少しずつ社会に知られるようになりました。
消費者リポートでも子どものことに焦点をあてて取り上げたいと思っています。
これまでも文科省に子どもの学習権への配慮を訴えてきましたが、より具体的な
実態を把握したいと思っています。

ご自宅で取材をお受け頂けるお子さん、保護者を探しています。
またトレーラーハウスなど、子どもの学習権確保のために尽力する自治体の情報
も探しています。
お心当たりのあるかたは、お知らせください。
できましたら関東圏がありがたいのですが、その他でもお手紙や電話などで伺う
などもできますので、取材の可能性がありましたら情報をお寄せください。
よろしくお願いいたします。


日消連 香害担当 消費者リポート編集長 杉浦陽子


************************************************
 日本消費者連盟  Consumers Union of Japan
 e-mail address: office.j@nishoren.org
 URL: http://www.nishoren.org/
 TEL:  03-5155-4765      (81)-3-5155-4765
 FAX:  03-5155-4767      (81)-3-5155-4767
 【住所・Address】
 〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-9-19-207
 1-9-19-207, Nishi-Waseda, Shinjuku-ku
 Tokyo 169-0051, JAPAN
***************************************************



2018. 07. 06  
会員の皆様へ

7月10日(火曜日)午前10:30〜
松山市内 オーガニックカフェにて「お茶会」をいたします。
参加費はドリンク代500円
オーガニックコーヒ、オーガニック紅茶、オーガニック烏龍茶
いずれも飲めない方はご持参ください。

::::

会員以外の方で参加を希望される方は
サイドバーのメールフォームよりお問い合わせください。


:::::


カフェは市内中心部にありますが
道路より奥まったところで中庭が有り
オープンエアになっています。

お茶会時間内は他のお客様がないかぎり
照明、エアコンなどはつけずに営業してくださいます。
が、携帯などの電磁波は多少強いかもしれません。


2018. 06. 05  

 

 

朝日新聞に香害の広告が出ているって教えてもらって

コンビニまで車を走らせて買ってきました。

意見広告の形をとったシャボン玉石鹸の広告です。


多くの人に最近流行の強い香料によって

健康被害が起きていることを知ってほしいです。

それらが、香りの好みの問題ではないことを知ってほしいです。


香料の強い柔軟剤を生産している合成洗剤メーカーからの

つよい反発にあうかもしれないなか

シャボン玉石鹸さんには、感謝と敬意の気持ちをお伝えしなくては。


https://www.shabon.com



 



2017. 12. 30  
体臭と香害を同一視して『好みの問題でしょ』と捉える人もいるかもしれませんが、そうではありません。柔軟仕上げ剤や制汗剤、除菌スプレーなどに含まれる人工的に作られた化学物質に対して、身体的な症状が出ることが香害だと考えています

2017.12.30 弁護士ドットコムより転載です。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171230-00007181-bengocom-life


柔軟剤などの「香害」で体調不良、学校現場の制汗剤でも発生…消費者団体が強い危機感

柔軟仕上げ剤や制汗剤、除菌スプレーなどの強い香料によって体調が悪化する「香害」。NPO法人「日本消費者連盟」(日消連)が2017年の夏、2日間にわたって「香害110番」を実施したところ、全国から213件もの相談が寄せられたという。香害に悩む人たちの声、香害への取り組みについて「日消連」編集委員の杉浦陽子さんに話を聞いた。(ライター・高橋ユキ)。


●くしゃみ、涙、全身の倦怠感

――わずか2日間の窓口開設にもかかわらず「香害110番」には多くの相談が寄せられました。相談者はどのような苦しみを訴えていましたか

「症状は多岐にわたります。香りを嗅いでくしゃみや涙が出るだけではなく、頭痛や全身の倦怠感など様々な症状が出ているようでした。長期にわたって体調不良が続き、家事や育児がしにくくなったり、会社にいても仕事ができなくなったりするなど日常生活に深刻な影響が出ている人もいました。

悩みは身体的な症状だけではありません。周囲の人から、『我慢ができない人だ』『集団の中で自分のことばかりを言っている』『ただの神経質な人』などの偏見に苦しみ、孤立していることもわかりました」

――匂いにまつわる問題というと、つい体臭を連想してしまいます。香害と強い体臭を嗅ぐことによる不快感は、また違うのでしょうか

「体臭で不快になる人はいても、体調不良を起こしたり病気になる人はいません。体臭と香害を同一視して『好みの問題でしょ』と捉える人もいるかもしれませんが、そうではありません。柔軟仕上げ剤や制汗剤、除菌スプレーなどに含まれる人工的に作られた化学物質に対して、身体的な症状が出ることが香害だと考えています」

●電話相談終了後も相談が殺到

――「香害110番」開設前後から、香害についての報道が相次ぎました。ここまでの反響は想定されていたのでしょうか

「相談は2日間限定で受け付けていたのですが、終了後も多数の相談が届き、累計で400件はあるかと思います。ここまでの反響があったのは、これまで香害に関する相談先がなかったからでしょう。香害に悩む人はマイノリティではないと感じましたし、40社以上のマスコミから取材を受けるなどの反響の大きさからも、社会問題であることを実感しました」

――相談の声を受け、日消連では、どのようなことに取り組んでこられたのでしょうか

「8月末、消費者庁に皆様からいただいた声を伝えたのですが、結果から言うと、前向きな回答はありませんでした。『原因物質の特定は消費者庁の仕事ではない』と言われました。また、我々民間ではなく、行政で専門の知見を持った人たちで『香害110番』をやってほしいという要望も伝えましたが、結局やるとは言ってもらえませんでした。

『どのくらい集まれば、私たちの声を受けて行政が動いてくれるのですか』と尋ねましたが、数は言ってくれません。『たくさん』ということでした。他にもいろいろな問題で訴えてくる人はいるとはぐらかされ、まともに取り合ってくれません」

――今後は、どのような取り組みを考えていますか

「春くらいまでには、厚労省と文科省、業界団体にも香害で苦しむ人の声を届け、話し合いの場を持ってもらおうと思っています。香害相談の筆頭にあがる柔軟仕上げ剤についての声を、洗剤メーカー大手3社にも届けたいと考えています。

実は、寄せられた声を聞いていくと、学校や幼稚園などでも香害が発生しているそうです。学校では、男子も女子も制汗剤を使うのは当たり前という風潮らしいのですが、最近の制汗剤は香り付きのものがほとんどです。『教室中に匂いが広がっているため、倒れそうになる』という声が、生徒だけでなく、学校職員からも寄せられています。

当初はここまでの大きな反響があるとは思いませんでした。しかし、切実に悩んできた人からは『こういうことをやってくれる団体があった』と喜んでくださる方もいたのです。自分の悩みを解決することから出発し、社会問題として私たちの活動に加わる人も増えました。すぐに解決できる問題ではありませんが、今後も継続していかなければならないと考えています」

【取材協力】杉浦陽子さん。日本消費者連盟。月刊誌『消費者リポート』編集長。
プロフィール

mix hanabi

Author:mix hanabi
愛媛県の化学物質過敏症(CS)と電磁波過敏症(ES)の患者会のブログです.

患者会へのお問い合わせは、サイドバーにあるメールフォームよりお願いします。

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2拍手記事別ランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR